愛媛県関連の活動内容

振り返れば道 公演のお知らせ 於 日本橋公会堂

振り返れば道は、関東愛媛県人会副会長 高本眞一様プロデュースのお芝居です

振り返れば道チラシ

企画 高本 眞一

脚本 有賀 沙織

演出 杉本 孝次

振付 和泉 元彌(特別参加)

「振り返れば道」公演概要

日時 11月21日(火)      18時半
11月22日(水) 13時半/18時半
11月23日(木) 13時半/18時半
11月24日(金) 13時半
場所 日本橋公会堂
〒103-8360 
中央区日本橋蛎殻町一丁目31番1号
日本橋区民センター内
アクセス ■東京メトロ
半蔵門線「水天宮前」駅
6番出口から徒歩2分

日比谷線「人形町」駅
A2出口から徒歩5分

東西線「茅場町」駅
4-a出口から徒歩10分

■都営地下鉄
浅草線「人形町」駅
A3・A5番出口から徒歩7分

■中央区コミュニティバス(江戸バス)
北循環25 「日本橋区民センター」 下車0分

※ホール(観客)用の駐車場はございません。


主催 振り返れば、道」企画委員会
制作 KASSAY
料金 5,500円

一般前売開始日:2017年5月1日/カンフェティチケットセンター

0120-240-540(受付時間 平日10時〜18時)

/チケット予約の際は振込票番号をお伝えしますので、メモをご用意ください。
ネット購入はこちらから

公式サイト 振り返れば道

三井記念病院について

三井記念病院は、慈善病院として明治の時世に誕生しました。

創立当時の志や病院としての本来の目的、原点に今一度立ち返りたいと考え、これを皆さまと共有したいという気持ちが強くなり、お芝居というかたちで、具現化しようと本企画に関わることを決断し、脚本、制作を有志に託しました。

富を社会へ還元するために尽力した三井八郎右衛門高棟の遺志を私も院長として引き継ぎ、また次世にも伝えていきたいと考えております。

−−−企画グループ代表 髙本 眞一

あらすじ

明治、大正、昭和…

激動する時代の波と闘いながら

日本の近代化を推し進めた二人の男!

人を思いやる気持ち、日本を思いやる志が

絆となり信頼を深め、

次々と大事業を成功させていった。

利益は惜しみなく国への献金や

慈善事業に注ぎ、貧しい患者からは

治療費をとらない三井慈善病院をも開院させた。

振り返れば三井の道……、

しかし昭和の初期、不況が 命を狙う過激な思想集団を生んだ。

銃声!

振り返れば道 出演者

三井八郎右衛門高棟

芦田 昌太郎

団琢磨

尾崎 右宗

三井 宗竺(亡霊)

横澤 祐一

高棟の妻:苞子

いまむら 小穂

団の妻…芳子

松山 愛佳(語り)

井上 日召

歌川 貴賀志

エドワード皇太子

マシュー・チョジック

その他の出演者

勝谷 かほる子

佐藤 睦子

山本 哲也

本廣 真吾

仁宮 賢

保坂 剛大

ほか

スタッフ

企画委員長…髙本 眞一

脚本…………有賀 沙織

 

演出…………杉本 孝次

音楽…………佐藤 ふじを/賀来 まさえ/黒澤 倫子

照明…………須藤 実

効果…………呉東 彰/富田 健二

舞台監督……山本 哲也

茶道指導……松井 久江

宣伝美術……河添 宗輔/藤井 慶子

時代考証……堀江 朋子

お囃子………山本 香衣

振付…………和泉 元彌(特別参加)